使用方法

ガラスペンの使い方

1.使う前の準備としてペン置きと洗浄用の水入り容器を用意します

ペン置きは木製やプラスチック製等の固くなく滑りにくい材質のものをおすすめします。陶磁器製、ガラス製はペン先破損に繋がるためなるべく避けてください。
硬質ガラスペンのペンケースをペン置きとして利用されている方が多いようです。

2.ペンにインクをつけます

インク壺(インク瓶)にペン先の半分程度をどっぷりつけてから真っ直ぐ上に引き上げてください。毛細管現象によりインク留あたりまでインクが上がっていきます。これで準備完了です。
菅清風では、特注のスポンジが入ったガラスペン専用のインク壺を用意しています。最適量のインクを吸い上げ、底突きによるペン先の破損を防ぎますのでぜひご利用ください。

3.さぁ書いてみましょう

使い方は簡単です。
自然にペンを握り、筆圧を掛けないように、ペンの重さで文字を書くようにしてみてください。紙の上をサラサラ・・と滑らせるイメージです。ペンを立てて書くと太い線が、寝かすと細い線が書けます。

4.インクについて理解しましょう

一般的な万年筆用の水性染料インクをご使用ください。
文字や絵を描いた後、インクが乾燥すると濃淡ができる場合があります。これはペン先部分の表面張力の影響で、書き始めと最後の方でインクの出方が異なるためです。黒色や濃い色は濃淡が少なく、朱色系や薄い色のインクを使うと濃淡が強く出る傾向があります。
まめにペン先にインクをつけることで濃淡を減らすこともできます。しかしこの濃淡が独特の「味」ともいえますので、いろんなインクでガラスペンの風情を楽しんでみてください。

5.洗浄方法について

ティシュでインクを拭き取るだけでも大丈夫ですが、数回に一度は容器入りの水で洗浄してください。優しくしゃぶしゃぶと洗ってあげると綺麗になります。
その際ガラスや金属製の容器は使わず、台所で使うタッパーのような柔らかい大き目の容器をおすすめします。固い材質のものは誤ってペン先を痛めてしまう可能性があります。
ブルーブラックインクには酸化被膜ができる製品がありますので使用の都度に洗浄してください。

万が一、ペン先が欠けてしまったら…。

それはショックが大きいですね。でもご安心ください!菅清流の硬質ガラスペンには、「永久無償修理保証」がついています。
ペン先の欠け、折れ等不都合がありましたらご連絡ください。いつでも無料で対応します。

あんしんの永久無償修理保証付き

硬質ガラスペンには、その使用年数にかかわらずペン先の破損や摩耗に対する永久無償修理保証 (以下、永久保証)が付いています。即ち日常の状況でお使いいただいたにもかかわらず、ペン先が欠けてしまったり摩耗してしまった場合において、期限を設けず無償で修理する事をお約束するものです。硬質ガラスペンの「滑らかに書く」という特徴が失われるような不具合が発生した場合において、当工房まで品物を送付いただければ、この永久保証に従い無償で修理いたします。

永久保証の対象外のケース

以下の場合は、永久保証の対象外となりますので予めご了承ください。

  • ご自身で装飾や加工を追加されたもの。例えば、彫刻、ペン先加工等を行った場合。
  • あきらかに不適切な使用等通常の使用の範囲を超えた衝撃や負荷によって損傷した場合。
  • 硬質ガラスペン本体以外の付属品の損傷。例えば、インク壺やペンケースの破損の場合。
  • 菅清風の硬質ガラスペンでは無い製品の場合。

修理のご依頼方法

必要事項をご入力の上、下記フォームよりお問い合わせください。通常1週間程度で、修理をしてお返しいたします。

お問い合わせ内容欄にご記載いただくこと

  • 「修理希望」の旨を明記
  • 製品名
  • 不具合の状況
  • 修理依頼品の送付日

送付の際の注意点

以下の場合は、永久保証の対象外となりますので予めご了承ください。

  • ガラス製品ですので丁寧に梱包の上、必ず受領確認のできる宅配便をご利用ください。
  • その際の送料と修理済品をご返送する際の送料は、お客様負担となります事を予めご了承ください。

※クロネコヤマト送料着払い便でのご返送となります。